YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あと4時間あまりでワールドカップの決勝戦が始まる。
試合開始の前にイタリア代表、フランス代表についての記事を書いてみようと。

今回のイタリア代表とフランス代表のメンバーでは、セリエAのユベントスのみ両チームの選手がいる。

イタリア代表には、

ジャンルイジ・ブッフォン
ファビオ・カンナバーロ
ジャンルカ・ザンブロッタ
マウロ・ヘルマン・カモラネージ
アレッサンドロ・デル・ピエーロ


の5人。

フランス代表には、

リリアン・テュラム
パトリック・ヴィエラ
ダビド・トレゼゲ


の3人。

その他にもユベントスには過去に多くの選手が在籍していた。

フランス代表には、

ジネディーヌ・ジダン
ティエリー・アンリ


イタリア代表には、

シモーネ・ペッロッタ
フィリッポ・インザーギ
アンジェロ・ペルッツィ


って思ったより少なかった。

ところでワールドカップ開幕前に発覚したセリエAの不正疑惑。

ユベントス以外にもACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオが入っている。

ACミランには、

アンドレア・ピルロ
フィリッポ・インザーギ
アレッサンドロ・ネスタ
アルベルト・ジラルディーノ
ジェンナロ・ガットゥーゾ


の5人。

ラツィオには、

マッシモ・オッド
アンジェロ・ペルッツィ


の2人。

フィオレンティーナには、

ルカ・トーニ

の1人。

ユベントスも含め、合計イタリア代表には13人、フランス代表には3人の選手が含まれている。

このニュースが出たときには、もうイタリア代表はダメだと思ったのだがしぶとく残っている。
それにしてもこの4チームが降格となると、セリエAはどうなることやら・・・

話は変わって実際の両者の過去のワールドカップでの対戦成績は、

1938年フランス大会 準々決勝 イタリア 3-1 フランス   
1978年アルゼンチン大会 予選リーグ イタリア 2-1 フランス

1986年メキシコ大会 決勝T1回戦 フランス 2-0 イタリア   
1998年フランス大会 準々決勝 フランス 0-0(PK4-3) イタリア


の2勝2敗。
イタリアは最近フランス代表相手に勝てていない。

しかも面白い事に今回のドイツ大会の上位4強が2000年のヨーロッパ選手権(ユーロ2000)のベルギー・オランダ大会とすごく似ている。

今回のベスト4は

フランス、イタリア、ポルトガル、ドイツ

2000年のヨーロッパ選手権のベスト4は、

フランス、イタリア、ポルトガル、オランダ

3チームが一致し、4チーム目がホスト国である。

ちなみにその時の決勝のカードもフランスvsイタリア。

スコアは

フランス 2-1 イタリア

トレゼゲのゴールデンゴール(Vゴール)で優勝した。
今回もゲンを担いで、トレゼゲをサブで起用することがあるかも。
ちなみにフランスのもう1点はヴィルトール。

今回の決勝も同じようにフランスが勝ってくれるように・・・
両チームともに守備の強いチームなので、スコアレスドローでPK戦なんて最悪の展開だけは避けて欲しい。
(ワールドカップのPK戦に関してはこの記事参照
ガチンコでやりあう1986年のメキシコ大会の決勝戦のような試合が見たいなぁ・・・




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/455-f64bd7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。