YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドイツ 3-1 ポルトガル
<得点者>

ドイツ 
  バスティアン・シュバインシュタイガー 2得点
  オウンゴール 1得点

ポルトガル

  ヌーノ・ゴメス 1得点


シュバイン・シュタイガーが3得点に絡む大活躍。

この大会のベストヤングプレイヤーに選ばれたポドルスキの活躍が目についたドイツ代表だが、最後の試合で俺もいるんだとばかりにシュバインシュタイガーがドイツの3得点を叩き出した。(1点はオウンゴールだが)

僕は目立ったこの二人の選手も賞賛に値すると思うけど、左サイドのラームも良かったと思う。
初戦で今大会初ゴールを決めたのもそうだが、守備でもクリーンなタックルで何度も相手の攻撃を摘んでいた。
個人的にはベストイレブンに入れて欲しい選手です。

また今回の試合はキーパーが正キーパーのレーマンから、カーンに変わった。
クリンスマンの粋な計らいだが、カーンは今大会は控えながらその姿勢は見ていてすごく感動した。
準々決勝でのレーマンを励ますシーンが象徴的だが、内紛を起こしかねないレギュラー争いで潔くレーマンにレギュラーの座を渡した。
それに応えてレーマンも活躍した。

対するポルトガルではクリスチアーノ・ロナウドに対するブーイングは寂しかった。
準々決勝のイングランド戦でのルーニーに対する抗議に対するものだろうけど、彼は必死でプレーしているんだから・・・
この試合ではフリーキックからの際どいシュートがあった。
無回転のボールはカーンの反応とは逆に行き、もう少しでゴールするところだった。
彼のドリブルはうまいのだが、周りの選手を生かしてこそドリブルも生きる。
若いので前へ前へというプレーが目立つが、相手にパスもあると思わせることにより、自分のプレーの幅が広がると思う。
それにしてもあのドリブルは魅力的だ。

ヌーノ・ゴメスという選手がポルトガル唯一のゴールを決めた。
この選手は大舞台で強い。
ユーロ2000,2004でも得点している。
ポルトガルがワントップのシステムを採用しているので、パウレタが先発になるのだが、パウレタ、ヌーノ・ゴメスのツートップでも面白かったような気もする。(終わってしまったことを言ってもしょうがないが・・・)

最後はフィーゴ。
最後の大会でベスト4。
僕と同じ年齢の選手。
他にはチェコのネドベド、フランスのジダンがいる。
相手にボールを奪われない独特の間合い、絶妙なクロス。
ポルトガルの黄金世代の選手が今大会で居なくなってしまうのは寂しい。

あとは明日の決勝戦を残すのみとなってしまった。
どっちが勝つかなぁ・・・




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/446-e1962f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。