YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドイツ-アルゼンチン

あきらかにホームのドイツ有利。

完全アウェー状態のアルゼンチンに勝ち目はないと思う。
審判もホームよりにならざるをえない。

試合の中では若いドイツのディフェンダーVS若いアルゼンチンのフォワード陣の戦いが見物。
若いドイツのディフェンダーが崩れて、アルゼンチンのフォワードが勢いに乗ったとしたら・・・

アルゼンチンとドイツと言えば、過去に決勝で同じカードを2回見た。

一回は1986年のメキシコ大会。
もう一回は1990年のイタリア大会。

1986年はマラドーナ率いるアルゼンチンの勝利。
1990年はマテウス率いるドイツの勝利。
そのチームには確固たる中心選手がいた。

この2チームを比較すると、ドイツにはバラックがいる。
アルゼンチンには・・・
リケルメは中心選手には間違いないが、そこまでの選手ではないと思う。
この試合はリケルメからのスルーパスを消してしまえば、高さではドイツは負けない。
そういう展開になるのでは・・・

またヨーロッパで開催のワールドカップで、南米のチームが優勝した事は意外なことに過去に一度しかない。
1958年のスウェーデン大会のブラジルがそうだ。

トーナメントの構成からすると、この試合を抜け出したチームが決勝に進むだろうと思う。
その辺も考慮すると、アルゼンチンはここで姿を消しそうだ。

またこの2チームの選手は、同じクラブチームでプレーする選手が少ない。
チェルシーのロベルト・フート(ドイツ代表)とエルナン・クレスポ
(アルゼンチン代表)のみ。
ドイツ代表は国内選手が多いということもあるが、アルゼンチンの選手はブンデスリーガには少ない。
後者は何でだろう?





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/437-3d532ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。