YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アルゼンチン 2-1 メキシコ

<得点者>

アルゼンチン

   マクシミリアーノ(マキシ)・ロドリゲス 1得点
   エルナン・クレスポ 1得点

メキシコ

   ラファエル・マルケス 1得点

マラドーナ時代のスターシステムから脱却し、リケルメを中心としたパスでつなぐサッカーで勝ち進んできたアルゼンチン。

第3勢力であり、地味なチームながら勝ち進んできたメキシコ。

今回の試合を見ていて、リケルメのプレーに注目した。
本当に簡単なプレーばかり。
多くても3タッチくらいではパスをする。
相手からすると、ボールを取りにくい選手。
たまに出すスルーパスは本当に良いところを付いてくる。

前線の若い選手は走り回り、相手選手を翻弄する。

メッシ、テベス、サビオラ・・・

背が低くて、すばしっこい選手が集まったもんだ。

メッシのドリブルなんかは他の選手と走るピッチが違い、相手選手からすると取りにくそうだなぁという感じがする。

マラドーナのような選手が3人。
今回はどこまで勝ち進んで行くのか。

この試合のメキシコのマルケスの得点はすばらしかった。
練習通りのようなプレーでの得点。

それ以上にロドリゲスのボレーシュートがすごかった。
あそこから打つか!っていうような所から打ち、きれいにゴール左隅に突き刺さった。
今大会のベスト10には必ず入るゴール。

日本の選手なら、トラップしてバックパスするくらいが精々だろうなぁ。
シュートを打たなきゃ得点にはならないんだから、日本にもこのプレーは見習って欲しいと思ってしまった。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/432-46c3f4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。