YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オーストラリア 3-1 日本


<得点者>

オーストラリア

  ティム・ケーヒル 2得点
  ジョン・アロイージ 1得点

日本

  中村俊輔 1得点


やはり勝てなかった。

中村のセンタリングからの得点は、明らかにファウル。
運良く得点したが、明らかにオーストラリアペース。

途中までの川口は好セーブ連発。
しかしそれまでの好セーブが帳消しになるミスを犯した。
スローインのボールを触れずに、ケーヒルに失点を許してしまった。

だがその後の日本のディフェンダーたちは明らかに足が止まっていた。
相手にシュートを打たれた時に体ごと飛び込んでいくくらいの執念が欲しかった。
それもできないくらい疲労していたのもあると思うが。

その後のケーヒルのロングシュートももっと詰めていれば、結果は違ったかもしれない。
フリーで打たせすぎた。
実際にあのコースに飛んでしまっては、キーパーは何もできないが。

3失点目のアロイージのシュートも宮本が最後にスライディングするくらいの気迫が欲しかった。
2対2の場面で、ボールを持っていない選手はオフサイドポジションにいた。
宮本がもっと早く判断して駒野をフォローしていたら、スライディングで逃げるくらいのことはできた。

この試合で負けた=予選敗退がほぼ確定したようなもの。
ブラジルが3勝した場合、クロアチア、オーストラリア、日本が1勝2敗で並ぶことも考えられる。
その時に得失点差も重要になる。
得失点差-2という結果もかなり痛い。

その前に日本がクロアチアに勝てるのかというと、難しいと思う。
そういいながら勝つことを期待しているが・・・

あと今日のメンバーでは、明らかに柳沢はいらなかった。
以前から他の記事でも書いているが、前を向かないフォワードは怖くない。
テレビでは柳沢の動きが良いとかいっているが、フォワードは得点してナンボ。
昨日の動きでは、早く他の選手に変えてしまった方が良かった。
フォワードはボールをもらう時にゴールに背を向けていてはダメ。
柳沢はそんなプレーが目立つ。

選手交代にもかなり疑問が残る。
坪井→茂庭の交代はしょうがないにしても、
柳沢→小野、茂庭→大黒の交代には疑問。

1点差で守りに入る訳でもなし、点を決めに行くわけでもなし・・・
なぜ小野?

フォワードの交代も遅かった。
その交代が未だ元気な茂庭ってのも理解しがたい。
ディフェンダーの交代選手がケガの田中誠に代わって入った茂庭ってものなんだか・・・
浦和のトゥーリオが欲しい。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/409-9770b57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。