YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワールドカップに関する雑学の第3段。

今回は年齢別ランキング。
年齢の若い順にランキングしてみました。
10代の選手が11人いたので、ベスト11ということで発表します。


11位は、

アルゼンチン代表  GK  オスカル・ウスターリ
1986年7月3日 生まれ   19才10ヶ月

10位は、

チュニジア代表  FW  ヤシヌ・チハウィ
1986年9月22日 生まれ   19才8ヶ月

9位は、

メキシコ代表  DF  アンドレス・グアルダード
1986年9月28日 生まれ   19才8ヶ月

8位は、

ウクライナ代表  DF  ドミトロ・チグリンスギー
1986年11月7日 生まれ   19才6ヶ月

7位は、

オランダ代表  FW  ライアン・バベル
1986年12月19日 生まれ   19才5ヶ月

6位は、

スイス代表  DF  ヨハン・ジュールー
1987年1月18日 生まれ   19才4ヶ月

5位は、

イングランド代表  MF  アーロン・レノン
1987年4月16日 生まれ   19才1ヶ月

4位は、

スペイン代表  MF  フランセスク・"セスク"・ファブレガス
1987年5月4日 生まれ   19才0ヶ月

3位は、

アルゼンチン代表  FW  リオネル・メッシ
1987年6月24日 生まれ   18才11ヶ月

2位は、

パラグアイ代表  MF  ホセ・モンティエル
1988年3月19日 生まれ   18才2ヶ月

1位は、

イングランド代表  FW  テオ・ウォルコット
1989年3月16日 生まれ   17才2ヶ月


この中で注目は、スペイン代表のセスクとアルゼンチン代表のメッシとイングランド代表のウォルコット。

その中でもウォルコットは先日イングランド代表の最年少出場記録を塗り替えた。

ワールドカップの最年少出場記録は旧北アイルランド代表のノーマン・ホワイトサイドの記録した17歳と41日。
この記録の更新はできないが、ルーニーの怪我もあり出場機会がありそうだ。

本大会に出場してゴールを決めれば、元ブラジル代表のペレの持つ最年少ゴール記録(17歳と239日)を塗り替えることになる。
この記録の更新を是非して欲しい。

テストマッチでも良い動きをしていたので、本大会でも出場することを期待しています。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/363-f9d88341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。