YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワールドカップに出場する各国代表の選手はあらゆる国のリーグに所属している。
日本代表でも中田(英)がプレミアリーグ、中村がスコットランドリーグ、高原はブンデスリーガというようにさまざま。

ではどこのリーグからの出場選手が多いのか、集計してみました。
ベスト5はこうなりました。

第5位は、

スペインのリーガ・エスパニョーラで52人。

詳細はこのようになっています。

バルセロナ 11人
レアル・マドリード 10人
バレンシア 8人
アトレチコ・マドリード 6人
ビジャレアル 4人
セビージャ 3人
レアル・ベティス 2人
レアル・サラゴサ 2人
デポルティボ・ラ・コルーニャ 2人
レクレアティボ・ウエルバ 1人
ムルシア 1人
オサスナ 1人
アラヴェス 1人

13チームありました。
やはりバルセロナ、レアル・マドリード、バレンシアの3強に所属している選手が多かった。
リーガ・エスパニョーラは、アルゼンチン代表の選手が多いのが特徴ですね。

続いて第4位は、

フランスのリーグ・アンで58人。

詳細はこのようになっています。

リヨン 9人
レンヌ 5人
パリ・サンジェルマン 4人
ランス 3人
マルセイユ 3人
ナント 3人
サンテティエンヌ 3人
オセール 2人
リール 2人
ストラスブール 2人
モナコ 2人
トロワ 2人
メツ 2人
ボルドー 2人
ブレスト 2人
ジャンヌダルク・ポワル 1人
ギャンガン 1人
クレテイユ 1人
ムーラン 1人
ニース 1人
クレルモン・フット 1人
モンペリエ 1人
グルノーブル 1人
トゥールーズ 1人
ヴァランシエンヌ 1人
ルーアン・キソー 1人
ルマン 1人

27チームもありました。
最後のルマンから、MFの松井が代表に入って欲しかったのに・・・
フランスのリーグ・アンはアフリカの選手が多いのが特徴です。
日本からはグルノーブルの大黒が入っています。


続いて第3位は、

イタリアのセリエAで61人。

詳細はこのようになっています。

ACミラン 13人
ユベントス 12人
インテル 8人
ASローマ 5人
パレルモ 4人
ラツィオ 3人
レッチェ 2人
パルマ 2人
フィオレンティーナ 2人
ウディネーゼ 2人
メッシーナ 2人
シエーナ 1人
モデナ 1人
ベネベント 1人
ブレシア 1人
リボルノ 1人
レッジーナ 1人

17チームありました。
今回のイタリア代表の選手は全てセリエA所属選手でした。
やはりセリエAの特徴はいろんな国からのベストミックスのリーグという感じですね。


続いて第2位は、

ドイツのブンデスリーガで73人。

詳細はこのようになっています。

バイエルン・ミュンヘン 11人
バイヤー・レバークーゼン 9人
ボルシア・ドルトムント 8人
ハンブルガーSV 7人
ベルダー・ブレーメン 6人
シュツットガルト 5人
ヘルタ・ベルリン 4人
ハノーバー96 4人
ボルシア・メンヘングラッドバッハ 3人
1FCケルン 3人
ニュルンベルク 3人
ボルフスブルク 2人
シャルケ04 2人
マインツ 1人
デュイスブルク 1人
ディナモ・ドレスデン 1人
カイザースラウテルン 1人
アイントラハト・フランクフルト 1人
ハンブルガーSV Ⅱ 1人

19チームありました。
ブンデスリーガの特徴は、ヨーロッパの選手が多い事。
アルゼンチン代表選手は実はひとりもいないのです。
日本からはハンブルガーSVの高原が一人入っています。


最後に第1位は、

イングランドのプレミアリーグで104人。

詳細はこのようになっています。

チェルシー 16人
アーセナル 15人
マンチェスター・ユナイテッド 12人
リバプール 9人
トッテナム・ホットスパー 5人
ミドルスブラ 3人
ボルトン・ワンダラーズ 3人
フラム 3人
ニューカッスル・ユナイテッド 3人
アストン・ビラ 3人
サウザンプトン 3人
レディング 2人
コベントリー・シティ 2人
マンチェスター・シティ 2人
エバートン 2人
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 2人
ギリンガム 2人
ブラックバーン・ローヴァーズ 2人
ストーク・シティ 1人
ハル・シティ 1人
バーミンガム・シティ 1人
ノーリッジ・シティ 1人
ブリストル・シティ 1人
ポーツマス 1人
ポート・ヴェール 1人
ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ 1人
クリスタル・パレス 1人
ウィガン・アスレティック 1人
ウェストハム・ユナイテッド 1人
リーズ・ユナイテッド 1人
ウェスト・ハム・ユナイテッド 1人
ルートン・タウン 1人
レクサム 1人

33チームもありました。
2部のチームからも代表選手が出ているということですね。
特徴はアメリカ、オーストラリアなど英語圏の選手が多い事。
あとアーセナルのベンゲル監督の影響かフランス代表選手が8人もいます。
昔はフランス→イングランドの流れは少なかったけど、カントナ(元フランス代表)とベンゲルの影響からか意外に多くフランス代表選手が所属していました。
日本代表からは、ボルトンの中田(英)とウエスト・ブロムウィッチの稲本がいました。



最後まで読んでくれてありがとうございます。

またいつかワールドカップの雑学記事を更新します。
お楽しみに。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/355-fd173871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。