YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月13日(金)  晴れのち曇りのち雨

(良ければ【第一話】から読んで下さい。)

すると看板に長野の文字が出てきた。

"あーやっと来た事のある場所に近づいてきた"

と正直ホッとした。

しかしこの頃にはあたりは日が暮れていた。
バイクのヘッドライトに蚊だろうか、無数の虫が群がっていた。

ここからが間違いだった。


"長野"の文字を見て、適当に国道8号線を逸れ、別の道へ。

ひたすら走ってはいたが、看板を見ても見慣れない地名ばかり。

"おーい、長野はどこだぁ!"

でも後戻りするのが、嫌いな俺はひたすら走る。
山の中まで来てしまった。

完璧に道に迷った。

道の看板はあるが、知っている地名なんてありゃしない。
青森の人のところで見た地図を頭にインプットしただけの地図。
そりゃ迷うはっての。

コンビニを探せどなし。
時間も11時を過ぎ、人は居ないし、民家も少ない。
30分くらい走り回っただろうか。

人がいた!

「すいません、道を教えて下さい。」

との問い掛けに気持ち良く教えてくれた。
しかし土地柄も分からず、チンプンカンプン・・・

見かねたその人は地図を持ってきてくれた。
その人は役場関係で働いているらしく、土地の地図をくれて説明してくれた。

その時いた場所は

【栃尾市】

まだ新潟県だった。
このまま進んでいったら、群馬に向かうところだったとのこと。
危なかった・・・
実感した。
新潟は南北に長い県だなあと・・・

道を教えてもらっている最中にその人がこう言ってくれた。
「良かったら、詳しく説明するから、うち上がりなさいよ」
と。

深夜の立ち話も妙だったので、うちにお邪魔することに。
家にあがると、フジテレビのプロ野球ニュースがやっていた。(どうでもいい話だが)

すると奥さん(道を教えてくれた人)は、
「お腹すいてる?ラーメンでも作ろうか?」
と言ってくれた。
という事でご馳走になった。

しかも
「なんだったら、こんな時間だし泊まっていったら?」
などとも言われたが、時間のない僕はそれは遠慮した。
(多分時間があったら、泊めてもらっていただろう。)

1時間くらいお邪魔していただろか。
日付は変わっていた。
お腹も一杯になり、道まで聞いてバッチリになって、その人の家をあとにした。

(ここでまた忘れた!住所氏名を聞く事を!)


【第17話】




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/236-485fad62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。