YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月5日(木) 曇り時々晴れ

(良ければ【第一話】から読んで下さい。)

5時起床。
今日も寒い。
昨日に比べればまだましか。

起きてすぐに飯の準備。
今日の朝食はソーセージ入りしょうゆラーメン。
食い終わると少し眠気が。

気がつくと7時半過ぎに・・・
再び起きて出発の準備。
それが終わると大きいほうをしに、岬の展望台へ。

昨日キャンプ場で知り合った東京から来た兄ちゃんに別れを言い、いざ出発。
目指すは層雲峡。

238号から273号へと行き、昼ごろに到着。
ロープウェイに乗り、黒岳を登る。
そこで初めて自分の時計が一時間狂っていることに気づく。
ロープウェイ代も馬鹿にならん。
1890円の出費をしてしまった。

次に目指すはどこにしよう。
またとにかく273号から39号に乗り換え、北見の方に行こう。

39号を走っていると、途中に北キツネ牧場などというものがある。
寄るとしよう。
そこでキツネは見に行かなかったが、メロンアイスクリームを食う。
するとそこには群馬県出身、東京在住の千葉商科大学3年生の21才のSRXに乗った人に話しかける。
2,30分話し、ジャガイモの揚げたものを半分もらい食った。

なんでも陸づたいに1日で東京から青森まで来たとか。
すごいなあと感心してしまった。
なんだかんだしゃべった後、別れる。

その後である、俺がネズミ捕りに捕まったのは!

前の車を追い越したその時である。
目の前に"止まれ"の旗が・・・
アーやられたと観念し、ワゴン車の中へ。

19kmオーバー、減点1、罰金9千円。
ひじょーにきびしー。
悔やんでもしょうがない。
ポリスマンに挨拶して、いざ出発。

なんだかんだ走ると北見市内に。
サロマ湖に行っても良かったが、ネズミ捕りなどがたくさんいるとの事だったし、行くには少し戻らなければならなかったので、まあいいか。

北見市内のコンビニで休憩し、ガソリンを入れて網走へ。

市内ではまずカメラの三脚を買う。
Uターンして網走刑務所へ。

その前にあるカニ屋のおばあちゃんはものすごく優しかった。
ストーブにあたらせてくれて、アメをもらって、地図もくれた・
おばあちゃんどーもありがとう。

その後だいぶ寒くなってきたし、また少し戻って網走湖でテントを張る。

そこで知り合った大阪出身の桃山学院大4年生の人と30分近く色々しゃべる。
DJ50(原付)で来た彼は、なんでも22日に公務員試験があるそうだ。

彼が飯を作りにテントに戻ったので、自分もそうすることにした。

今日は出費がかさんだし、ご飯にフリカケだけですます。
あと紅茶を沸かしてと・・・(9時就寝)

(出費)ロープウェイ代 1390円
           500円
   食費、その他 578円
   三脚 3069円
   ガソリン代 785円

(残金)58759円→52437円

(総距離)6727.4km

(走行距離)291.1km

(燃費)39.00km

(行き先)日の出岬→層雲峡→北見→網走刑務所→網走湖   


<コメント>
北海道でまさか警察に捕まるとは・・・
これを機に(?)僕は各所で捕まることになる。
広島の平和公園や千葉のディズニーランド周辺など・・・

そういえば思い出したことが・・・
この当時持っていたコンロはホワイトガソリン用。
でも燃料を持っていくのが面倒なので、いつもバイクのタンクからガソリン抜いて使っていたんだ。
コンロには規格外の燃料なのですが、ばっちり使えるんですよ。
バイクで北海道に行く人は参考にしてください。
ただし自己責任でお願いします。

ちなみに水はペットボトルを3本持って、公園などで補給してました。
それでテント生活。
超節約旅行です。

参考までに・・・
北海道はこの年は冷夏ってこともあったけど、寒かったです。
ツーリング等で行く人は長袖、シュラフは必需品です。
昼は良くても、夜はやっぱり寒いです。

あと何もないところから市街地に入る国道はネズミ捕りが多いので、要注意を。
現地での情報交換は大事だと痛感しました。


【第8話】





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chimayoshi.blog44.fc2.com/tb.php/153-93ae4163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。