YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フランコ・バレージ(Franco Baresi)

1980年代後半、90年前半のACミラン、イタリア代表のリベロ。
アリーゴ・サッキ監督の下、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールト、ルート・フリット、パオロ・マルディーニらと共にACミランの全盛期を支えた。
1994年のワールドカップアメリカ大会の決勝戦では、ブラジル相手に守備で大活躍したが、PK戦で自ら失敗してしまい、優勝を逃してしまう。
1997年に現役を引退したのたが、バレージの背番号であるACミランの6番は永久欠番になっている。

ACミラン

↑中央がバレージ、その左前はコスタクルタ、右前はマルディーニ
(僕がイタリアへミラノダービー観戦しに行った時の飛行機がACミランがトヨタカップのため来日する飛行機だった。
空港内で撮影。)

バレージ

ワールドカップアメリカ大会決勝戦でPKを外すバレージ。







スポンサーサイト
ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio)。

フィオレンティーナ、ユベントス、ACミラン、ボローニャ、インターミラノ、ブレシアなどで活躍。
この動画の中にも入っているが、1994年のアメリカワールドカップ決勝でのPK失敗はとても印象に残っている。

バッジョ

ワールドカップアメリカ大会決勝戦でPKを外すロベルト・バッジョ。





アンリのボレー、ベッカムのFK、ロベカルのFK、モンテッラのドリブルシュート、クリスチアーノ・ロナウドのドリブル、ジダンのボレー、ロナウジーニョのドリブルなど。

最後の9番はアヤックス時代のイブラヒモビッチか?
ドリブルがキレまくって、ディフェンダーがかわいそうです。

この中でも1997年にロベルト・カルロス(ロベカル)が放ったフリーキックは強烈過ぎる。
フランス代表のキーパーのバルテスもそうだが、ディフェンダーのデサイーも腰を抜かしています。




マラドーナのボカ(アルゼンチン)、バルセロナ(スペイン)、ナポリ(イタリア)時代の動画の寄せ集め。
マラドーナのボディバランスの良さには感心します。




ロナウジーニョ、クリスチアーノ・ロナウド、リケルメ、ロナウド、ベルカンプ、マラドーナなどのドリブルなどのテクニック集。

この中でもベルカンプの2つのプレーにはシビレます。





キーパーがやっちゃってます。

ワールドカップで元コロンビア代表のイギータ、元デンマーク代表のシュマイケルも出てきてます。





ロマーリオ・デ・ソウザ・ファリア。

元ブラジル代表で活躍したフォワード、ロマーリオのオランダのPSVアイントホーフェン、スペインのバルセロナ時代の動画をYouTubeで入手しました。
世界に二人しか居ない生涯ゴール1000ゴールを達成した男。(もう一人はペレ。)

40歳過ぎても未だ現役でやっているからスゴイ。




ロマーリオの所属チーム履歴。

1978年 - 1980年 オラーリアAC(ブラジル)
1980年 - 1988年 ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
1988年 - 1993年 PSVアイントホーフェン(オランダ)
1993年 - 1995年 FCバルセロナ(スペイン)
1995年 - 1996年 フラメンゴ(ブラジル)
1996年 - 1996年 バレンシアCF(スペイン)
1997年 - 1999年 フラメンゴ(ブラジル)
2000年 - 2002年 ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
2003年 - 2003年 フルミネンセ (ブラジル)
2003年 - 2003年 アル・サード(カタール)
2003年 - 2004年 フルミネンセ(ブラジル)
2005年 - 2006年 ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
2006年 - 2006年 マイアミFC(アメリカ)
2006年 - 2006年 アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
2007年 - 現 在 ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル



ロナウジーニョのサッカー動画です。

ロナウジーニョが器用なのは分かるけど、ボレーで蹴ったボールがポストに当たって、良い位置に跳ね返ってくるのはマジ?




またサッカーの笑える場面の動画をYoutubeから拾ってきました。

飛び蹴りを食らった選手はかなり痛そう。
元イングランド代表のシアラーにレッドカードをもらう審判などなかなか笑えます。
他にもベッカム、オーウェン、ジダンなども出てきてます。





サッカーの笑える場面の動画をYoutubeから拾ってきました。

2分40秒くらいからの3つのシーンが特に笑えます。
・スイスのバーゼルに行った中田浩二の空振り
・クリアしたボールが自分の顔面に当たって自殺点になるシーン
・キーパーがボールの行方を慎重に見すぎて顔面にボールを受けて自殺点

気分転換には良いかも。
見て笑ってください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。