YOUTUBEのサッカー動画やサッカーに関する色んな記事を書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サッカーの各国代表チームのFIFA(国際サッカー連盟)のランキング。
順位、国名(英語の国名)、地域(サッカー協会)で表現しました。
色は地域別に分けてみました。

ヨーロッパが上位に顔を揃えているが、上位2位は南米の2強だ。
下位の方は知らない国ばかり。
日本は30位でした。


1位  アルゼンチン(Argentina)  南米(CONMEBOL)
2位  ブラジル(Brazil)  南米(CONMEBOL)
3位  イタリア(Italy)  ヨーロッパ(UEFA)
4位  フランス(France)  ヨーロッパ(UEFA)
5位  ドイツ(Germany)  ヨーロッパ(UEFA)
6位  スペイン(Spain)  ヨーロッパ(UEFA)
7位  オランダ(Netherlands)  ヨーロッパ(UEFA)
8位  ポルトガル(Portugal)  ヨーロッパ(UEFA)
9位  チェコ(Czech Republic)  ヨーロッパ(UEFA)
10位  クロアチア(Croatia)  ヨーロッパ(UEFA)
11位  イギリス(England)  ヨーロッパ(UEFA)
12位  ルーマニア(Romania)  ヨーロッパ(UEFA)
13位  スコットランド(Scotland)  ヨーロッパ(UEFA)
14位  ギリシア(Greece)  ヨーロッパ(UEFA)
15位  メキシコ(Mexico)  北中米カリブ海(CONCACAF)
16位  ロシア(Russia)  ヨーロッパ(UEFA)
17位  ウルグアイ(Uruguay)  南米(CONMEBOL)
18位  アメリカ(USA)  北中米カリブ海(CONCACAF)
19位  ナイジェリア(Nigeria)  アフリカ(CAF)
20位  ポーランド(Poland)  ヨーロッパ(UEFA)
21位  ノルウェー(Norway)  ヨーロッパ(UEFA)
22位  ウクライナ(Ukraine)  ヨーロッパ(UEFA)
23位  カメルーン(Cameroon)  アフリカ(CAF)
24位  スウェーデン(Sweden)  ヨーロッパ(UEFA)
25位  コロンビア(Colombia)  南米(CONMEBOL)
26位  パラグアイ(Paraguay)  南米(CONMEBOL)
27位  セルビア(Serbia)  ヨーロッパ(UEFA)
28位  トルコ(Turkey)  ヨーロッパ(UEFA)
29位  デンマーク(Denmark)  ヨーロッパ(UEFA)
30位  日本(Japan)  アジア(AFC)
31位  ギニア(Guinea)  アフリカ(CAF)
32位  アイルランド(Republic of Ireland)  ヨーロッパ(UEFA)
32位  コートジボワール(Côte d'Ivoire)  アフリカ(CAF)
34位  ブルガリア(Bulgaria)  ヨーロッパ(UEFA)
34位  セネガル(Senegal)  アフリカ(CAF)
36位  北アイルランド(Northern Ireland)  ヨーロッパ(UEFA)
37位  イスラエル(Israel)  ヨーロッパ(UEFA)
38位  イラン(Iran)  アジア(AFC)
39位  エジプト(Egypt)  アフリカ(CAF)
40位  マリ(Mali)  アフリカ(CAF)
41位  スイス(Switzerland)  ヨーロッパ(UEFA)
42位  モロッコ(Morocco)  アフリカ(CAF)
43位  チュニジア(Tunisia)  アフリカ(CAF)
44位  フィンランド(Finland)  ヨーロッパ(UEFA)
45位  チリ(Chile)  南米(CONMEBOL)
46位  韓国(Korea Republic)  アジア(AFC)
47位  ガーナ(Ghana)  アフリカ(CAF)
48位  ハンガリー(Hungary)  ヨーロッパ(UEFA)
48位  ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia-Herzegovina)  ヨーロッパ(UEFA)
50位  スロバキア(Slovakia)  ヨーロッパ(UEFA)
51位  カナダ(Canada)  北中米カリブ海(CONCACAF)
52位  サウジアラビア(Saudi Arabia)  アジア(AFC)
52位  オーストラリア(Australia)  オセアニア(OFC)
54位  ベルギー(Belgium)  ヨーロッパ(UEFA)
55位  ホンジュラス(Honduras)  北中米カリブ海(CONCACAF)
56位  ベネズエラ(Venezuela)  南米(CONMEBOL)
57位  キプロス(Cyprus)  ヨーロッパ(UEFA)
58位  ウェールズ(Wales)  ヨーロッパ(UEFA)
59位  エクアドル(Ecuador)  南米(CONMEBOL)
60位  ザンビア(Zambia)  アフリカ(CAF)
61位  ペルー(Peru)  南米(CONMEBOL)
61位  モルドバ(Moldova)  ヨーロッパ(UEFA)
63位  ウズベキスタン(Uzbekistan)  アジア(AFC)
64位  キューバ(Cuba)  北中米カリブ海(CONCACAF)
65位  パナマ(Panama)  北中米カリブ海(CONCACAF)
66位  コスタリカ(Costa Rica)  北中米カリブ海(CONCACAF)
67位  トーゴ(Togo)  アフリカ(CAF)
68位  ハイチ(Haiti)  北中米カリブ海(CONCACAF)
69位  イラク(Iraq)  アジア(AFC)
70位  アルバニア(Albania)  ヨーロッパ(UEFA)
71位  グルジア(Georgia)  ヨーロッパ(UEFA)
72位  赤道ギニア(Equatorial Guinea)  アフリカ(CAF)
73位  アンゴラ(Angola)  アフリカ(CAF)
73位  セントビンセント・グレナディーン(St. Vincent and the Grenadines)  北中米カリブ海(CONCACAF)
75位  マケドニア(FYR Macedonia)  ヨーロッパ(UEFA)
76位  スロベニア(Slovenia)  ヨーロッパ(UEFA)
77位  モザンビーク(Mozambique)  アフリカ(CAF)
78位  トリニダード・トバゴ(Trinidad and Tobago)  北中米カリブ海(CONCACAF)
79位  コンゴDR(Congo DR)  アフリカ(CAF)
79位  アイスランド共和国(Iceland)  ヨーロッパ(UEFA)
81位  オマーン(Oman)  アジア(AFC)
82位  アルメニア(Armenia)  ヨーロッパ(UEFA)
83位  南アフリカ共和国(South Africa)  アフリカ(CAF)
84位  カタール(Qatar)  アジア(AFC)
84位  ベナン(Benin)  アフリカ(CAF)
86位  ラトビア(Latvia)  ヨーロッパ(UEFA)
87位  ジンバブェ(Zimbabwe)  アフリカ(CAF)
88位  オーストリア(Austria)  ヨーロッパ(UEFA)
89位  アルジェリア(Algeria)  アフリカ(CAF)
90位  リトアニア(Lithuania)  ヨーロッパ(UEFA)
91位  中国(China)  アジア(AFC)
92位  ガイアナ(Guyana)  北中米カリブ海(CONCACAF)
93位  バルバドス(Barbados)  北中米カリブ海(CONCACAF)
94位  ベラルーシ(Belarus)  ヨーロッパ(UEFA)
95位  ウガンダ(Uganda)  アフリカ(CAF)
96位  バーレーン(Bahrain)  アジア(AFC)
97位  UAE(United Arab Emirates)  アジア(AFC)
97位  ケニア(Kenya)  アフリカ(CAF)
99位  コンゴ(Congo)  アフリカ(CAF)
100位  グアテマラ(Guatemala)  北中米カリブ海(CONCACAF)
101位  ボツワナ(Botswana)  アフリカ(CAF)
101位  ナミビア(Namibia)  アフリカ(CAF)
103位  ジャマイカ(Jamaica)  北中米カリブ海(CONCACAF)
104位  リビア(Libya)  アフリカ(CAF)
105位  スーダン(Sudan)  アフリカ(CAF)
106位  タンザニア(Tanzania)  アフリカ(CAF)
107位  ボリビア(Bolivia)  南米(CONMEBOL)
108位  エチオピア(Ethiopia)  アフリカ(CAF)
109位  ガボン(Gabon)  アフリカ(CAF)
110位  ブルキナファソ(Burkina Faso)  アフリカ(CAF)
111位  ヨルダン(Jordan)  アフリカ(CAF)
112位  ガンビア(Gambia)  アフリカ(CAF)
112位  カーボベルデ諸島(Cape Verde Islands)  アフリカ(CAF)
114位  タイ(Thailand)  アジア(AFC)
115位  クウェート(Kuwait)  アジア(AFC)
116位  アゼルバイジャン(Azerbaijan)  ヨーロッパ(UEFA)
117位  ブルンジ(Burundi)  アフリカ(CAF)
118位  ルワンダ(Rwanda)  アフリカ(CAF)
119位  リヒテンシュタイン(Liechtenstein)  ヨーロッパ(UEFA)
120位  ソロモン諸島(Solomon Islands)  オセアニア(OFC)
120位  ニューカレドニア(New Caledonia)  オセアニア(OFC)
122位  カザフスタン(Kazakhstan)  ヨーロッパ(UEFA)
123位  エリトリア(Eritrea)  アフリカ(CAF)
124位  モーリタニア(Mauritania)  アフリカ(CAF)
125位  インドネシア(Indonesia)  アジア(AFC)
126位  シリア(Syria)  アフリカ(CAF)
127位  フィジー(Fiji)  オセアニア(OFC)
128位  ニュージーランド(New Zealand)  オセアニア(OFC)
129位  北朝鮮(Korea DPR)  アジア(AFC)
130位  エストニア(Estonia)  ヨーロッパ(UEFA)
131位  バヌアツ(Vanuatu)  アフリカ(CAF)
132位  マラウイ(Malawi)  アフリカ(CAF)
133位  キルギスタン(Kyrgyzstan)  アジア(AFC)
134位  バミューダ諸島(Bermuda)  北中米カリブ海(CONCACAF)
135位  香港(Hong Kong)  アジア(AFC)
136位  イエメン(Yemen)  アジア(AFC)
137位  マルタ(Malta)  ヨーロッパ(UEFA)
138位  レバノン(Lebanon)  アジア(AFC)
139位  ベトナム(Vietnam)  アジア(AFC)
140位  シンガポール(Singapore)  アジア(AFC)
141位  エルサルバドル(El Salvador)  北中米カリブ海(CONCACAF)
142位  チャド(Chad)  アフリカ(CAF)
143位  リベリア(Liberia)  アフリカ(CAF)
144位  スリナム(Suriname)  北中米カリブ海(CONCACAF)
145位  インド(India)  アジア(AFC)
145位  アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)  北中米カリブ海(CONCACAF)
147位  ミャンマー(Myanmar)  アジア(AFC)
148位  ドミニカ共和国(Dominican Republic)  北中米カリブ海(CONCACAF)
149位  サモア(Samoa)  オセアニア(OFC)
150位  ルクセンブルグ(Luxembourg)  ヨーロッパ(UEFA)
151位  スワジランド(Swaziland)  アフリカ(CAF)
152位  タジキスタン(Tajikistan)  アジア(AFC)
153位  モーリシャス(Mauritius)  アフリカ(CAF)
154位  レソト(Lesotho)  アフリカ(CAF)
155位  シエラレオネ(Sierra Leone)  アフリカ(CAF)
156位  セントクリストファー・ネイビス(St. Kitts and Nevis)  北中米カリブ海(CONCACAF)
157位  ニジェール(Niger)  アフリカ(CAF)
158位  マダガスカル(Madagascar)  アフリカ(CAF)
158位  トルクメニスタン(Turkmenistan)  アジア(AFC)
160位  セーシェル(Seychelles)  アフリカ(CAF)
161位  ニカラグア(Nicaragua)  南米(CONMEBOL)
162位  タヒチ(Tahiti)  オセアニア(OFC)
163位  台湾(Chinese Taipei)  アジア(AFC)
163位  セントルシア(St. Lucia)  北中米カリブ海(CONCACAF)
165位  グレナダ(Grenada)  北中米カリブ海(CONCACAF)
166位  マレーシア(Malaysia)  アジア(AFC)
167位  パレスチナ(Palestine)  アジア(AFC)
168位  トンガ(Tonga)  オセアニア(OFC)
169位  スリランカ(Sri Lanka)  アジア(AFC)
170位  バハマ(Bahamas)  北中米カリブ海(CONCACAF)
171位  モンテネグロ(Montenegro)  ヨーロッパ(UEFA)
172位  バングラデシュ(Bangladesh)  アジア(AFC)
173位  アンドラ(Andorra)  ヨーロッパ(UEFA)
174位  モルディブ(Maldives)  アジア(AFC)
175位  ラオス(Laos)  アジア(AFC)
175位  フィリピン(Philippines)  アジア(AFC)
177位  ブルネイ(Brunei Darussalam)  アジア(AFC)
178位  モンゴル(Mongolia)  アジア(AFC)
179位  カンボジア(Cambodia)  アジア(AFC)
180位  イギリス領ヴァージン諸島(British Virgin Islands)  北中米カリブ海(CONCACAF)
181位  パキスタン(Pakistan)  アジア(AFC)
181位  タークス・ケイコス諸島(Turks and Caicos Islands)  北中米カリブ海(CONCACAF)
183位  パプアニューギニア(Papua New Guinea)  オセアニア(OFC)
183位  オランダ領アンティル(Netherlands Antilles)  北中米カリブ海(CONCACAF)
185位  コモロ(Comoros)  アフリカ(CAF)
186位  ネパール(Nepal)  アジア(AFC)
187位  ドミニカ(Dominica)  北中米カリブ海(CONCACAF)
188位  中央アフリカ(Central African Republic)  アフリカ(CAF)
188位  ケイマン諸島(Cayman Islands)  北中米カリブ海(CONCACAF)
190位  マカオ(Macau)  アジア(AFC)
190位  アフガニスタン(Afghanistan)  アジア(AFC)
190位  ギニアビサウ(Guinea-Bissau)  アフリカ(CAF)
193位  ソマリア(Somalia)  アフリカ(CAF)
194位  フェロー諸島(Faroe Islands)  ヨーロッパ(UEFA)
195位  プエルトリコ(Puerto Rico)  北中米カリブ海(CONCACAF)
196位  サンマリノ(San Marino)  ヨーロッパ(UEFA)
197位  ブータン(Bhutan)  アジア(AFC)
197位  アンギラ(Anguilla)  北中米カリブ海(CONCACAF)
199位  クック諸島(Cook Islands)  オセアニア(OFC)
200位  ジブチ(Djibouti)  アフリカ(CAF)
200位  アメリカ領サモア(American Samoa)  オセアニア(OFC)
200位  東ティモール(Timor-Leste)  アジア(AFC)
200位  グアム(Guam)  アジア(AFC)
200位  ベリーズ(Belize)  北中米カリブ海(CONCACAF)
200位  サントメ・プリンシペ (São Tomé e Príncipe)  アフリカ(CAF)
200位  アルバ(Aruba)  北中米カリブ海(CONCACAF)
200位  アメリカ領バージン諸島(US Virgin Islands)  北中米カリブ海(CONCACAF)
200位  モントセラト(Montserrat)  北中米カリブ海(CONCACAF)

soccer football futebol futbol calcio national team ranking world 順位表 英語の国名



スポンサーサイト
2004年3月4日ににFIFA(国際サッカー連盟)が創立100周年を記念して、FIFA100という記念式典を行なった。
その中で過去100年の偉大なサッカー選手100名を選出するということで、実際には125名の選手が選ばれた。

当時の現役存命者の条件で、現役選手50名、引退した選手75名。
その中には女子選手2名も含まれている。
ちなみにオセアニアサッカー連盟(OFC)からは一人も選出されなかった。


ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)【84名】
  イタリア(14名)
     ロベルト・バッジョ
     フランコ・バレージ
     ジュゼッペ・ベルゴミ
     ジャンピエロ・ボニペルティ
     ジャンルイジ・ブッフォン
     ジャシント・ファケッティ
     パオロ・マルディーニ
     アレッサンドロ・デル・ピエーロ
     アレッサンドロ・ネスタ
     ジャンニ・リベラ
     パオロ・ロッシ
     フランチェスコ・トッティ
     クリスチャン・ヴィエリ
     ディノ・ゾフ

  フランス(14名)
     エリック・カントナ
     マルセル・デサイー
     ディディエ・デシャン
     ジュス・フォンテーヌ
     ティエリー・アンリ
     レイモン・コパ
     ジャン-ピエール・パパン
     ロベール・ピレス
     ミシェル・プラティニ
     リリアン・テュラム
     マウリス・トレゾール
     ダビド・トレゼゲ
     パトリック・ヴィエラ
     ジネディーヌ・ジダン

  オランダ(13名)
     マルコ・ファン・バステン
     デニス・ベルカンプ
     ヨハン・クライフ
     エドガー・ダーヴィッツ
     ルート・フリット
     ウィリー・ファン・デ・ケルクホフ
     レネ・ファン・デ・ケルクホフ
     パトリック・クライファート
     ヨハネス・ヤコブス・ニースケンス
     ルート・ファン・ニステルローイ
     ロブ・レンセンブリンク
     フランク・ライカールト
     クラレンス・セードルフ

  ドイツ(10名)
     ミヒャエル・バラック
     フランツ・ベッケンバウアー
     パウル・ブライトナー
     オリバー・カーン
     ユルゲン・クリンスマン
     ゼップ・マイアー
     ローター・マテウス
     ゲルト・ミュラー
     カール・ハインツ・ルンメニゲ
     ウーべ・ゼーラー

  イングランド(7名)
     ゴードン・バンクス
     デビッド・ベッカム
     ボビー・チャールトン
     ケビン・キーガン
     ギャリー・リネカー
     マイケル・オーウェン
     アラン・シアラー

  ベルギー(3名)
     ジャン・クーレマンス
     フランキー・バン・デル・エルスト
     ジャン-マリー・プファフ

  デンマーク(3名)
     ブライアン・ラウドルップ
     ミカエル・ラウドルップ
     ピーター・シュマイケル

  ポルトガル(3名)
     マヌエル・ルイ・コスタ
     エウゼビオ
     ルイス・フィーゴ

  スペイン(3名)
     エミリオ・ブトラゲーニョ
     ルイス・エンリケ
     ラウール・ゴンサレス

  チェコ(2名)
     ヨセフ・マソプスト
     パベル・ネドベド

  トルコ(2名)
     エムレ・ベロゾギュ
     リュストゥ・レチベル

  アイルランド(1名)
     ロイ・キーン
  ウクライナ(1名)
     アンドリー・シェフチェンコ
  北アイルランド(1名)
     ジョージ・ベスト
  クロアチア(1名)
     ダボール・スーケル
  スコットランド(1名)
     ケニー・ダルグリッシュ
  ハンガリー(1名)
     フィレンツ・プスカシュ
  ブルガリア(1名)
     フリスト・ストイチコフ
  ポーランド(1名)
     ズビグニェフ・ボニエク
  ルーマニア(1名)
     ゲオルゲ・ハジ
  ロシア(1名)
     リナト・ダサエフ


南米サッカー連盟(CONMEBOL)【31名】
 ブラジル(15名)
     カルロス・アルベルト
     カフー
     ロベルト・カルロス
     ファルカン
     ジュニオール
     ペレ
     リバウド
     リベリーノ
     ロマーリオ
     ロナウジーニョ
     ロナウド
     ジャウマ・サントス
     ニュートン・サントス
     ソクラテス
     ジーコ

  アルゼンチン(10名)
     ガブリエル・オマール・バティストゥータ
     エルナン・クレスポ
     マリオ・ケンペス
     ディエゴ・アルマンド・マラドーナ
     ダニエル・パサレラ
     ハビエル・サビオラ
     オマール・シボリ
     アルフレッド・ディ・スティファーノ
     ファン・セバスチャン・ベロン
     ハビエル・サネッティ

  チリ(2名)
     パブロ・フィゲロア
     イバン・サモラノ

  ウルグアイ(1名)
     エンツォ・フランチェスコリ
  コロンビア(1名)
     カルロス・バルデラマ
  パラグアイ(1名)
     ロメリト
  ペルー(1名)
     テオフィロ・クビジャス


北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)【3名】
  アメリカ(2名)
     ミシェル・エイカーズ (女性選手)
     ミア・ハム (女性選手)

  メキシコ(1名)
     ウーゴ・サンチェス


アフリカサッカー連盟(CAF)【5名】
  ガーナ(1名)
     アベディ・ペレ
  カメルーン(1名)
     ロジェ・ミラ
  セネガル(1名)
     エル・ハッジ・ディウフ
  ナイジェリア(1名)
     ジェイ-ジェイ・オコチャ
  リベリア(1名)
     ジョージ・ウェア


アジアサッカー連盟(AFC)【2名】
  日本(1名)
     中田英寿
  韓国(1名)
     洪明甫(ホン・ミョンボ)


これからこの選手達の動画をYOUTUBEから見つけてきて公開しようと思っています。
興味ある人はお楽しみに。



5月31日に行われたドイツvs日本の親善試合。

内容は良かった。

失点した事はいけない事だが、2得点した事はかなり評価できる。
全部を生で見ることが出来なかったが、攻撃が機能していた。

中田英、中村の攻撃に移った時の動きが良かった。
得点シーンは全体が流れるように動き、得点が決まっていた。

1点目は高原のディフェンスの裏に飛び出す動きと、パスの出すタイミングは絶妙だった。

中村がディフェンダーを引き付けて、中田英がスルーして、フリーの柳沢がダイレクトパス。
高原がディフェンダーの裏に飛び出して、フリーでシュート。
本当に流れるような動きだった。
あのプレーが本大会でも見られることを期待したい。

2点目も高原のゴールだった。
フォワードはボールをもらったら、シュートで終わる。
それが僕の理想のフォワード。

日本選手はああいう場面で、ディフェンダーの裏に抜け出してから中にパスを出してカットされるというパターンが多い。
柳沢なんかはそういうプレーが目立つ。

あの場面でシュートを打てば、キーパーが触ったとしてもこぼれ球で得点という場面が出てくる。
あの場面の場合、パスとなると、ディフェンダーにクリアされる可能性が高くなる。

2得点とも4人くらいの選手によるパス交換からの流れの中でのゴール。

しかも相手はドイツ代表ということでかなり評価できる。
最後の方は親善試合とはいえ、本気のドイツ代表も本気でやってきた。

結局2失点を食らったのだが、1点目は明らかにディフェンダー宮本のミス。

クローゼにまんまとしてやられた。
振り切られること自体もいけないが、倒れる時にもっとオーバーアクションで倒れてファールをもらうくらいのズルさが欲しい。

日本人にはマリーシア(ずる賢さ)が足らない。
特に宮本のプレーは綺麗とかスマートに行こうという感じがしてあまり好きでない。

ついでに田中誠の負傷による代役で茂庭が選ばれた。
ちなみに茂庭も好きではない。
凡ミスをするし、プレーが危なっかしい。

だったら闘莉王(トゥーリオ)を呼んで欲しいんだけど。
彼の熱いプレーが好きなんだけど・・・

2点目の失点も注意力不足。
セットプレーはどこのチームでも得点に繋がる可能性がある。
本大会に向けて修正して欲しい。

まず対戦相手は今日の試合により、日本の弱点はセットプレーだと印象付けられた。
高さで勝負ということで勝機を見出す作戦になってくるだろう。


本大会では僕はもっとミドルシュートを打つ事を期待する。

僕が期待したいのは、ペナルティーエリアの角(ゴールから45°)からのシュート。

中村、中田英がポジションを入れ替えて、中村が右からのシュート。
キーパーをあざ笑うかのような、ゴールポストを巻くシュート。

キックの精度のある中村なら是非狙って欲しいのだけど。
なぜか日本人選手はそういうシュートを狙わない。
イタリアのデル・ピエロのように華麗に決めて欲しいのだけど・・・

4日のマルタ戦は良いイメージで本大会に入るための試合。
ゴールの量産を期待して、今度は生で見るように準備しなきゃな。




ワールドカップまであと47日

ということで、サッカーの記事にも力を入れて行きたいと思う。

今回はワールドカップの情報がギッシリつまったホームページの紹介。
まずは大会が始まる前に、予習と復習。

ということでここ。

ワールドカップのデータベース

というホームページ。

予選の結果や過去の得点王の情報などワールドカップ情報以外にもいろんな情報がある。

びっちまのおすすめです。




ここのサイトでは過去の偉大な選手から、今の新人の有望な選手の紹介をしている。
僕の大好きなストイコビッチも登録されてました。

プレイヤーに対するコメント、所属チーム履歴などかなり詳しく書いてあります。
全部見るには相当時間がかかりそう。

ココからどうぞ!
   ↓

サッカー名選手館



今日、久々にサッカー日本代表の試合を見た。

国内組だけでの代表試合。
仮想オーストラリアという事で行われた今日の試合。
僕なりの意見を思い出しながら・・・

今日の先発は

FW 久保、巻
MF 小笠原、小野、福西、村井、加地
DF 宮本、中沢、坪井
GK 川口


試合開始早々、後ろでのボール回しが目立った。
何やっているんだって感じだった。

点を取る、守りの連携の確認。

そのためにリスクを賭けて前へ行って欲しかったのに・・・
守備ラインを上げて攻撃し、全員で攻める。
今日の試合は攻めた後のカウンター攻撃でやられるという場面がなかったのは守備にとってはあまり意味のない試合だった。

攻撃でも高さでは勝負せずに足元でのプレーばかりだった。

フィンランドのディフェンダーが高かった事もあり、そういうプレーになるのだが、だったら二人の長身FWを使うより佐藤寿人を先発で使った方が良かったのではと・・・

中盤からのミドルシュートが無かったのも気になる。

フォワードの選手に合わせるパターンばかり。
今日の先発フォワードは自分で突破する選手ではなく、センタリングにあわせるCFタイプの二人。
もっとかき回して、得点シーンを見せて欲しかった。


でも全体的には勝利で終わった事は良かった。
しかも無失点。
サイド攻撃も有効だった。
小野、小笠原はやはり外せない存在だと実感した。

小笠原、あそこで打つかぁ・・・

しかも入った。
あそこまでロングではなく、ミドルシュートをもっとして欲しかった。

ちなみに僕もサッカーフットサルをやるときは、常にキーパーの位置は確認している。
いつでも狙えるように。
でも入らない事が多いんだけど・・・

なんとも言えない今日の試合。
まずまずの及第点。





サッカーのミラノダービーといえば、サッカー好きにはたまらない試合。
同じミラノ市を本拠地に置く、ACミランインテルミラノの直接対決。

この前の日曜日にそのミラノダービーがあった。
結果はインテルミラノの勝利。

実はこのミラノダービー、僕も見に行った事があるんです。
今から11年前の大学4年の11月の話です。

当時の状況は、インテルが停滞気味でACミランに勢いがあった頃。
でも雰囲気はすごかった。
記憶があいまいで間違えているかもしれないが、確かマルディーニが2得点してACミランが勝ったような・・・
違ったかなぁ・・・

そうそうその頃のセリエAにはカズがジェノアに在籍していたので、そこら中でカズのユニフォームなんかが売っていて、イタリア人に声をかけられたなぁ。

その旅行ではすごい経験をした。
その旅行はフリープランでイタリアのミラノ、ローマ、フィレンチェ、フランスのパリなどに行った。
ちなみにフランスは1998年のワールドカップの下見。

ミラノダービー観戦後、イタリアを列車、飛行機などでまわり、フランスへ。
フランスを観光後、イタリア経由で日本に帰った。

その飛行機の中では、ヨーロッパの航空会社らしくスクリーンでサッカーの試合が放映されていた。
ふとそのスクリーンの横を見ると・・・

???マッサーロ???

(マッサーロ:当時ACミランのFW。のちに清水エスパルスでもプレーした)

スクリーンでもACミランの試合がやっていて、横にその選手が・・・
実物だった!

なんとトヨタカップのために来日する飛行機が僕の帰国の飛行機と一緒だったのだ。

その後アルベルティーニ、サビチェビッチといった選手がぞくぞくと姿を現した。
僕はエコノミーだったが、関係者がエコノミーに乗っていたようだ。

でもまわりは誰も知らない。
僕と一緒に行った人(岡山の人でアメリカW杯で知り合った人)だけがサッカー選手だと知っていた。

写真を撮りに行くと、周りがザワザワ。
何人に説明した事か・・・

飛行機を降りると、バレージ、マルディーニ、ドナドニらがいた。
もう写真撮りまくり。

空港のロビーを出るとものすごい報道陣がいた。
とても貴重な経験をした。

ちなみに海外旅行は3回行ってますが、全部サッカー観戦です。
1.アメリカワールドカップ決勝戦他(一人旅)
2.ミラノダービー観戦(半一人旅)
3.フランスワールドカップ決勝戦他(新婚旅行)


かなりアホです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。